糖尿病専門医の当院は、血糖コントロールが巧くできずに困っておられる患者様に、最新医療をお届けします。

HDCアトラスクリニックへのリンク

ごあいさつ
GREETING

(最もアクセスされているホームページのサイトへのアクセスには、ここを、クリックしてみてください。)

 

糖尿病の最新医療、先端医療を、目指されている患者様のための、専門クリニックです。かつ、糖尿病のみならず、甲状腺外来、循環器外来、呼吸器外来、心療内科との併診も可能です。待ち時間も少なく、でも、レベルは高い、という点では、東京都内では最も有名な糖尿病外来をもつクリニックとして、知名度も高い医療施設です。場所は、都心の中心地、半蔵門にあります。患者様は、都内だけでなく、日本全国から来院され、さらには海外からも来院される方もおられます。

 

 

最新ニュース: ガリクソン投手の贈り物「ナイスコントロール」のPDF版が、ここからダウンロードできます。I型糖尿病の患者さんは、ぜひ、お読みください。

 

 

 

糖尿病外来の、診療時間
MEDICAL

診療時間
8:30-12:00 × ×
13:00-16:00 × × ×

※月曜日午後は14時から18時まで、です。

※月曜日と水曜日の午後の一般外来は3時からです。2時から3時は特別予約外来です


当院の糖尿病治療に関して
treatment of diabetes

糖尿病治療方針▼
当院では、糖尿病に、甲状腺異常、循環器疾患、呼吸器疾患、心療内科的疾患などを併発して持つ場合、甲状腺外来、循環器外来、呼吸器外来、心療内科外来、などを併診しつつ、受診を継続できるというシステムを、ご提案しています・・・
詳しくはこちら

糖尿病治療成績▼
糖尿病医療においては、血糖コントロールをよくしようと思えば、最先端の医療を、咀嚼して、医師が、患者さんと一緒に個別な治療を薦めていくところの先に、到達点が見つかるものです。その為には・・・
詳しくはこちら

血糖コントロールの目標▼
HbA1cがJDS値という数値で測定していた時には、HbA1c5%は普通、として考えていました。現在、HbA1cは、NGSP値に変わったため、HbA1cは、5.9%に、0.4%を加えて、HbA1c 6.3%以下は普通と考えています・・・
詳しくはこちら

インスリンの費用負担について▼
インスリンについては、ランタスが後発品が発売されました。また、ノボ社の製品は、かなり高価な薬価がついており、その分、患者さんたちに、ご負担をおかけしているようです。当院では、2015年7月をメドに、こうしたインスリン製剤の費用対効果を、一斉に見直す予定であります。
参考資料はここをクリック。

おしらせ
NEWS

2015. 12
ASSD, 2015 の発表を公開をしました。
 
2014.12.1
2015年ベルリンでの発表内容が公開されました。
 
2014.11.23
IDF-WPR、シンガポールで新知見を発表しました。